輸入車 整備・修理・点検 Bosch Car Service

importcar-rogomarkHP.jpg

Bosch Car Service加盟店のTAC高槻オートでは、メルセデスベンツ・BMW・アウディ・フォルクスワーゲン・ボルボ・プジョー・アルファロメオ等、輸入車の整備・修理・点検を行っております。

ご利用頂きました高槻・島本・山崎周辺の輸入車オーナーの皆様には「近くて便利」「ディーラーより遥かに安い」「作業が早い」「気軽に利用出来る」等とお喜び頂いております。

作業は全て事前見積りを行いますので、ご安心してご用命下さい。

主な取扱い輸入車メーカーは以下の通りです。

この他のメーカーに対しても、当社のネットワークを通じて可能な限り対応させて頂いております。

  • Mercedes-Benz メルセデスベンツ
  • BMW
  • Audi アウディ
  • Volkswagen フォルクスワーゲン
  • VOLVO ボルボ
  • PEUGEOT プジョー
  • RENAULT ルノー
  • Alfa Romeo アルファロメオ
  • FIAT フィアット
  • BMW MINI ミニ
  • LANDROVER ランドローバー
  • Jaguar ジャガー
  • CITROEN シトロエン
  • Jeep ジープ

当社が誇る整備スタッフは全員が20年近くの経験を持つ国家資格取得整備士です。

最高位の資格である一級整備士も在籍しております。

高度な専門知識を要する輸入車の修理に対しては、整備士の経験や勘だけで行う従来の整備ではなく、メーカー純正を含む最新の車両診断機=スキャンツールを3台用意しています。

診断機.jpg BMW&MINI純正診断機.jpg BOSCH故障診断機.jpg

世界最大の自動車部品メーカーであるボッシュ社の診断機に加え、ヤナセさまでもご利用されているLAUNCH診断機、更にBMW&MINI&ロールスロイス社純正診断機も令和2年3月より導入しました。

これにより、故障箇所のより正確で迅速な特定と修理対応を行っています。

 

更に、独自に構築した強力な全国ネットワークを活用し、専門機材や部品に関してもスピーディーに対応することが出来ます。

また、お客様のご予算に応じられるよう「純正の新品部品」を使用した修理方法以外にも純正部品と同品質の社外部品や新品部品より格安のリビルトパーツ」「リサイクルパーツの活用も行なっております。

今や一般のメーカ系ディーラーでは常態化している組み合わせ構成部品の一括交換=ASSY交換業を可能な限り避け、個々の部品単体での修理対応を行うことで修理代を抑える作業を実施いています。 

  • オートマチックオイル交換
  • オートマチック修理
  • 中古オートマチックへの換装修理
  • ドアミラーの配線断線による作動不良・・・ドアミラーAssy交換を避け、配線接続修理にて対応
  • メーター内液晶アラーム表示の文字カケ・・・メーターAssy交換を避け、基板修理にて対応
  • AMラジオ受信感度不良・・・外部アンテナ基部の分解修理にて対応
  • ハロゲンヘッドランプをLEDに換装・・・高額純正部品ではなく、社外品ユニットにて交換対応
  • 純正ステレオを社外品Apple Carplayや Android Autoに対応AVデッキに換装
  • 社外品バックカメラ取り付け
  • 社外品前後もしくは360度ドライブレコーダー取り付け
  • 社外品ETC取り付け

 高槻・島本・山崎・長岡京・枚方・八幡・茨木等、周辺の輸入車オーナーさま、是非、お気軽にご利用下さいませ。

ヤナセオートシステムズとの提携

輸入車オーナー様へのサービス向上を目的とし、2018年1月より潟сiセが100%出資する輸入車部品販売業の潟сiセオートシステムズ『輸入車パーツ・アクセサリー販売事業』との取引を開始しました。

ヤナセオートシステムズはヤナセ取り扱いブランド(メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、アウディ、BMW、ジャガー、ルノー、GM、オペル、サーブ、ボルボ、クライスラー)のみならず、その他の主な欧州ブランドの純正部品を迅速に対応することが可能です。

更にヤナセオートシステムズ『鈑金塗装事業部門』は輸入車塗装のスタンダードとなりつつある「水性塗料」に完全対応。

最新の鈑金塗装設備と各欧州メーカーの認定を得ている高度な技術力は損害保険会社からもお墨付きを頂くほどです。

hedda_logo.jpg 
この提携により、専門的な知識や設備を必要とする最新輸入車の鈑金塗装修理作業についても、今まで以上の作業期間の短縮化、作業品質の向上が当社において可能となりました。


また、メルセデスベンツの『レーダーセーフティパッケージ』に代表される各輸入車メーカーの最新の予防安全システム装備車においても、システム調整&公正作業(エーミング)が必要となった場合に輸入車正規ディーラーで屈指の信頼性と最新の先進設備』を誇るヤナセ品質で対応が出来ます。


高槻・上牧・島本・山崎・長岡京・枚方・八幡の輸入車オーナーの皆様、是非、お気軽にご来店くださいませ。 

中古車で輸入車をご購入されたオーナーさまも勿論、大歓迎です。

オートマオイル交換&故障診断修理

正規ディーラーさまでは、あまり施工されることの無いオートマチックオイル(DSG等を含む)の交換作業ですが、国産車と同様に未交換の状態ですと、走行距離数が増えるのに比例して、変速時のショックが大きくなります。

特に停止直前や停止状態からの発進時に『追突されたような大きな衝撃』が発生する症状が度々現れます。

そのままの状態で放置した場合、突然パーキングに入る等で最終的には走行不能状態に至ります。

このような変速機のトラブルを未然に防止する予防整備作業として、ディーラーさまでは積極的には行われないオートマチックトランスミッションオイル交換

ディーラー様を含め、殆どのお店では行われていない各種オートマチック修理作業(ブログ記事をご参照下さい)も行っております。

s-DSC00419.JPGs-DSC00409.JPG

IMG_3551.jpgIMG_3638.jpg

既に症状の発生があるおクルマのオーナーさま、ディーラーさまにて修理不能、他店さまにて中古変速機での交換修理等と診断されたおクルマのオーナーさま、是非、一度、当社にお気軽にご相談下さいませ。

BMW&MINIコーディング

BMW&MINIのコーディングを始めました。

本来は生産時に全世界共通のプログラムデータが車両コンピュータ=ECUに記憶されています。

これを各国の道交法や仕様に適応させる為、敢えてECU上のプログラムにロックを掛けています。

このプログラムのロックを解除または変更する作業がコーディングです。

 

代表的なものとしては

  • 走行中のTV&DVD視聴
  • 走行中のナビ操作
  • デイライト点灯
  • エンジン始動時からアイドリングストップOFF
  • iDrive画面のオープニングアニメーションをM-Performanceロゴなどに変更
  • その他、車種にもよって施工可能なメニューは異なりますので、お気軽にご相談ください。


コーディングに興味をお持ちの方は勿論、他店でのコーディング施工後に車両の不調が発生した方、施工による不具合をご心配の方など、是非、当社にご相談下さい。

BMW&MINI純正車両診断機を常設=BMW&MINIの全車種基本プログラムデータを保有している当社だからこそ、コーディング施工時のトラブル対策は万全です。

安心してお任せ下さい。

他店とは異なり、事前に車両搭載コンピューターーECUに残ったエラーコードをBMW&MINI純正車両診断機で確認、点検故障診断をセットしたメニューでご用意しております。

是非、お気軽にお問い合わせくださいませ。

DIXCEL製品販売&取付施工

国産&輸入車向けのブレーキパッド・ディスクローター等のブレーキパーツを専門に開発を行っている株式会社DIXCELディクセルさまと提携、製品の販売取り付けを行っております。

純正品より価格を抑えながらも制動力は維持し、ブレーキダストを大幅に低減する事で効果的にアルミホイールへの汚れの付着を抑制する製品もございます。

ブレーキパッド&ブレーキローターをDIXCEL製品にてセット交換される事で製品本来の性能が100%発揮されます。

輸入車専用オリジナルロングライフクーラント

欧州メーカーをはじめとした各輸入車の冷却水交換時、冷却経路のシーリングを腐食させるような悪影響を及ぼさないよう配慮し、各メーカー毎に純正のロングライフクーラント(LLC)を使用していました。

但し、純正のロングライフクーラントは高価でしたので、当社をご利用頂いているお客さま向けに低価格でありながら高性能、且つ安心して使用できる製品が無いかと探しておりました。

ようやく、2019年7月20日より、業界トップの自動車ケミカルメーカーさまにより、欧州車に純正採用されているプロピレングリコールを主成分(50%)にし、配合する水に関しても精製された「純水」を使用する高性能&低価格のロングライフクーラントを当社専用ブレンドにて生産して頂けるようになりました。

これにより、冷却水交換時のコストを大幅に下げ、純正品の発注から納品までの期間をお待ち頂く必要が無くなりました。

高槻・上牧・島本・山崎・長岡京・枚方・八幡の輸入車オーナーの皆様、是非、お気軽にご来店くださいませ。 

中古車で輸入車をご購入されたオーナーさまも勿論、大歓迎です。

▲このページのトップに戻る