Bosch Car Serviceバッテリー&コントロールユニット診断

ボッシュ独自の最新診断機を駆使した、ヨーロッパ基準の車両診断サービスです。

一般の整備工場における点検では、メカニックによる経験や勘、目視が中心です。

これは非常に重要なことですが、コンピューターの内部まで見ることはできません。

BCSでは、最新鋭の診断機器を使い、人の目には見えない部分や見落としがちな部分までの診断が可能です。

診断結果を『数値』や『グラフ』によってビジュアル化するため、愛車の状態を客観的に評価できます。

但し、あくまでも車体の様々な箇所に設置されているセンサーからの情報を読み取っているだけですから、センサーが設置されていない部分の不具合を診断機で読み取ることは出来ません。

よって、故障診断には単に診断機があれば良いのでは有りません。

診断機を扱う為の高度な技術、異常数値を読み取る知識、その知識や技術を得ることが出来るネットワーク、そして何よりも豊富な経験と判断力を持つ熟練整備士の力が必要となります。


診断手順

 

STEP1

受付&問診

ご来店受付時に車両の不具合状態、不具合が発生する状況等を問診させて頂きます。

輸入車の場合、事前にご来店日時をご連絡頂きましたら、輸入車専任フロントスタッフにより、受付と問診をお受けいただくことが出来ます。

輸入車は特殊な専門知識を必要とし、診断にも多くの時間を必要とし、殆どの不具合はお預かりを必要とします。

ご来店の際には、お車をお預けいただく日数にご配慮の上、予めご予約をして頂くことをお薦めしております。

STEP2

BOSCH Car Serviceコントロールユニット診断機による診断

現在の自動車には車両状態を制御するためのセンサーは数十から多いものでは数百点にもなります。

このセンサーからの情報を総合的に管理し、調整するのが車載コンピューターであるコントロールユニットです。

車両状態の不具合が発生するとセンサーからコントロールユニットにエラー情報が発信されます。

コントロールユニットはこのエラー情報が蓄積されていますので、診断機によりこのエラー情報をコントロールユニットから読み取る作業を行います。

STEP3

エラー情報をリセット

コントロールユニットに記録されたエラー情報を診断機で読み取り、記録した後、リセット=消去を行います。

これは、エラー情報の中にはエンジン再始動等のリセットプログラムにより修復&復帰された軽微なエラーも含まれている為です。

STEP4

不具合現象の再現

診断機によるリセット後にエンジンを再始動、試乗走行等を行なった後に再度診断機を接続、エラー情報から修理必要箇所が判明します。

エラー情報が確認されない場合は、ご依頼頂いた不具合を再現します。

不具合を再現、確認できれば、その際にコントロールユニットに残されたエラー情報を読み取ることで、不具合箇所が判明します。

診断機についてのよくあるお問い合わせ

自動車メーカー純正の診断機はありますか??

申し訳ありませんが、メーカー純正の診断機は当社では常備しておりません。

輸入車はボッシュ社製の診断機使用し、国産車では国産車専用の汎用診断機にて対応しております。

 

ボッシュ社製診断機とメーカー純正診断機との違いはありますか? 

はい、当然ながら異なります。

ボッシュ社製診断機では一般的な事例で言えば、各自動車メーカーの最新車種や最新のイヤーモデルには対応出来ない場合がございます。

逆に最新車種でない場合や余程に特殊な車両でなければ殆どの場合は対応が可能です。

ボッシュ社製診断機ではどこまで診断する事が出来ますか?

自動車メーカー純正機までの診断は難しい場合があります。

正規ディーラーでなければ修理対応が出来ないように『制限』をかけているような部位に関しては、基本的にメーカー純正機でなければ十分な対応は出来ません。

それ以外の部分に関しては、ボッシュ社製診断機にて対応する事が可能です。

 

私のクルマはボッシュ社製診断機で対応可能ですか?

車検証にて確認をさせて頂きます。

ボッシュ社製診断機で対応可能かの判断は車検証の記載内容から確認しています。

お問い合わせの際には車検証をFAXで送信して頂くか、携帯やスマートフォンで撮影して頂き、その画像をご送信下さい。

後ほど、対応可能か否かをご連絡させていただきます。

 

ボッシュ社製診断機について教えてください?

ドイツの巨大企業であるボッシュ社製の故障診断機です。

独ボッシュ社は日本では一般的にはあまり有名ではありませんが、自動車業界最大手の部品及びシステム開発を行い、欧州最大手の家電メーカーでもあるドイツの巨大企業です。

ご想像がつかないとは思いますが、自動車業界での影響力はトヨタや欧州車3大ブランドも遠く足元にも及ばない程に強大です。

 

ボッシュ社製診断機は基本的には国内外メーカーを問わずに車両診断を行う事は可能です。

但し、全車種に同様な診断が出来るかと言われれば、やはり欧州メーカー車の診断に特化しているのは間違いありません。

これは、ボッシュ社が研究開発した様々なシステム・部品を大半の欧州メーカーが採用している為です。

 

よって、ボッシュ社の診断機であれば、基本的には欧州車の修理箇所の特定やシステムエラーの確認は可能です。

しかし、診断は出来ても詳細な故障個所や不具合個所の特定が出来ない、或いはその部分のセンサーからの詳細な情報を読み取ることが出来ない車種が稀にあります。

各自動車メーカーの最新モデル車や最新のイヤーモデル車ではこの傾向が多くあります。


ここからは憶測ですが・・・

「メーカー純正診断機」や「車両診断システム」は基本的に独ボッシュ社が開発協力&提供しているかと思います。

但し、最新車種にはある種の「ロック=制限」がかけられ、正規ディーラーが所有する「純正診断機」でなければ故障診断の確認や特定が出来ないようにされていると考えます。

 

恐らくは、ボッシュ社とメーカーとの間で、一定期間が経過しない限りはボッシュ社製診断機でもその「ロック=制限」を解除出来ないようなある種の秘匿契約があるのではないでしょうか。

各メーカーの最新技術を共同で開発するボッシュ社のような巨大サプライヤーであれば、このような守秘義務契約はあって当然かと思います。

つまり、発売から数年が経過しメーカーからの情報公開が許可され「ロック=制限」が解除された車両であれば、ボッシュ社製診断機で十分に対応が可能ということになります。

▲このページのトップに戻る