PIT SERVICE

TAC高槻オートでは国産車と輸入車の車検・点検・修理をお取り扱いしております。

取扱いメーカーはこちらをご覧ください>>

 

また、車検、点検、メンテナンス(一般修理)、キズ・凹み修理(鈑金塗装)等の各種作業においては、必ず事前にお見積りを行い、お客様に正確な修理金額のご提示を行なっております。

全ての修理はお客様に必ずご了承を頂いた後に作業をスタートすることで、お客様の修理金額に対する不安を取り除くように努めています。

 

お客様のご予算に応じられるよう「純正の新品部品」を使用した修理方法以外にも「純正部品以外のパーツ」や新品部品より格安の「リビルトパーツ」「リサイクルパーツ」の活用も行なっております。

これらの部品の使用はお客様のご理解、ご了承を頂いた上で行っております。

リビルトパーツ&リサイクルパーツの詳細はこちらをご覧ください>>

お問い合わせの際には車検証をお手元にご用意下さい

みなさまからのお問い合わせに対して、より迅速かつ正確に対応をさせて頂くよう努力しております。

そこで、誠にお手数ではございますがお問い合わせやお見積りをご希望の際には、下記の車検証記載内容メール下記の記載内容が明瞭に確認出来るよう車検証を撮影、最大サイズで撮影画像をsimamoto-tac@c-tac.jp宛に添付してご送信下さい)やFAXなどでご連絡頂きますようお願いいたします。

  • メーカー名及び車名
  • 初度登録年月日
  • 車台番号
  • エンジン型式(出来ればエンジンルーム内のコーションプレートもをご確認下さい)
  • 型式指定番号
  • 類別区分番号
車検証全体
 
左上部分
 
右上部分
         
車検証画像全体   車検証画像1   車検証画像2

車検証全体を撮影して下さい

 

車検証左上部分の車両番号・初年度検査年月・車体番号・車名・型式・原動機の型式が入るように撮影して下さい

 

型式指定番号・類別区分番号が確認出来るように撮影して下さい

お手数ではございますが、迅速かつ正確な対応の為にご協力をよろしくお願い致します。

ボッシュカーサービスバッテリー&コントロールユニット診断

ボッシュ独自の最新診断機を駆使した、ヨーロッパ基準の車両診断サービスです。

一般の整備工場における点検では、メカニックによる経験や勘、目視が中心です。

これは非常に重要なことですが、コンピューターの内部まで見ることはできません。

BCSでは、最新鋭の診断機器を使い、人の目には見えない部分や見落としがちな部分までの診断が可能です。

診断結果を『数値』や『グラフ』によってビジュアル化するため、愛車の状態を客観的に評価できます。


診断手順

 

STEP1

受付&問診

ご来店受付時に車両の不具合状態、不具合が発生する状況等を問診させて頂きます。

輸入車の場合、事前にご来店日時をご連絡頂きましたら、輸入車専任フロントスタッフにより、受付と問診をお受けいただくことが出来ます。

輸入車は特殊な専門知識を必要とし、診断にも多くの時間を必要とし、殆どの不具合はお預かりを必要とします。

ご来店の際には、お車をお預けいただく日数にご配慮の上、予めご予約をして頂くことをお薦めしております。

STEP2

ボッシュカーサービスコントロールユニット診断機による診断

現在の自動車には車両状態を制御するためのセンサーは数十から多いものでは数百点にもなります。

このセンサーからの情報を総合的に管理し、調整するのが車載コンピューターであるコントロールユニットです。

車両状態の不具合が発生するとセンサーからコントロールユニットにエラー情報が発信されます。

コントロールユニットはこのエラー情報が蓄積されていますので、診断機によりこのエラー情報をコントロールユニットから読み取る作業を行います。

STEP3

エラー情報をリセット

コントロールユニットに記録されたエラー情報を診断機で読み取り、記録した後、リセット=消去を行います。

これは、エラー情報の中にはエンジン再始動等のリセットプログラムにより修復&復帰された軽微なエラーも含まれている為です。

STEP4

不具合現象の再現

診断機によるリセット後にエンジンを再始動、試乗走行等を行なった後に再度診断機を接続、エラー情報から修理必要箇所が判明します。

エラー情報が確認されない場合は、ご依頼頂いた不具合を再現します。

不具合を再現、確認できれば、その際にコントロールユニットに残されたエラー情報を読み取ることで、不具合箇所が判明します。

車検 法定12ヶ月点検

TAC高槻オートの車検及び法定点検は車検・法定12ヵ月点検ともに『正規ディラー』と同等、もしくはそれ以上の高い技術と経験を持った国家資格取得のプロ整備士が行っております。

陸運局指定工場であるTACが行う車検はユーザー車検や代行車検ではありません。

どうぞ安心してお申し込み下さい。

車検の詳細はこちらをご覧ください>>

法定12ヵ月点検の詳細はこちらをご覧ください>>

キズ・へこみ

TAC高槻オートでは、国産車・輸入車を問わず、事故による大きな破損はもちろん、小さなキズや凹み飛び石によるガラスの欠けや割れの修復なども承っております。

まずは、お気軽に無料見積りをご利用下さいませ。

キズ・凹みの詳細はこちらをご覧下さい>>

カーエステ

TAC高槻オートではお車の内外装を綺麗に保つ『カーエステ』を行っております。

塗装を保護するボディーコーティングTOTOハイドロテクトコーティング施工のノウハウを活かし、当社保有車両や社員の所有者に実際に施工、撥水性能や艶出し性能、耐久性能などを見極めた上でオーナーさまに自信を持ってお勧め出来る厳選した2種類の商品をご用意しています。

 

ダイヤモンドキーパー

TOTOが製造を行っていたハイドロテクトカーコティングが製造中止となり、同等もしくはそれを上回る性能のコーティングを探していた中で、既存のハイドロテクト施工オーナーさまにも自信を持ってお勧め出来ると採用したカーコーティング製品です。

高密度なガラス被膜を最新のレジン皮膜でガードする2層構造の高性能ガラスコーティングがお車の塗装を保護し、濡れたような深く気品のある艶をもたらすと同時に凄まじいくらいの撥水性能が約12ヶ月持続します。

紫外線や経年による劣化で塗装面の艶を失ったお車でも見違えるような輝きを取り戻します。

特に赤いボディーカラーの輸入車オーナーさま、アルファロメオ・VWゴルフ・ボルボVシリーズ等でボディの退色にお悩みの方にお勧めのボディーコーティングです。

スプラッシュコート

ご自分でWAXがけを行うのは面倒とお考えの方や気軽に出来るコーティングをお探しの方にお勧めのボディーコーティングが『スプラッシュコート』です。

強力な撥水性とお車の塗装面は勿論、樹脂部分やガラスにも施工可能な万能コーティングです。

ミニバンや軽自動車のオーナーさまに特にお勧めしたいコーティングです。

耐久性は2〜3ヶ月で、お気軽にご利用頂ける施工価格となっております。

輸入車専用フロントガラス撥水加工

多くの輸入車には市販の撥水加工用ワイパーブレード(ワイパーゴムを含む)に適合情報がありません。

正規ディラーでは車種専用品で用意している場合もありますが、非常に高価格となっています。

そこで、TACでは撥水加工をご希望の輸入車オーナーさまの為に、BOSCH製シリコンワイパーブレードゴムに加工を施し、取付けを行う方法を考案しました。

これにより、フロントガラスの撥水加工を諦めていた輸入車オーナーさまにも、低価格での撥水加工をご提供することが可能となりました。

※ワイパーゴムのみではなく、ワイパーブレードごとの交換を要する場合があります。

MAINTENANCE 一般修理

エンジンオイルやミッションオイルなどのオイル類、フィルター類、ベルト類、バッテリー、ランプ類、タイヤ、ブレーキ等の消耗品は勿論、エンジン不調、様々な異音や振動、スイッチ類の不具合、エアコンの作動不良等、お車の様々な不具合に対し豊富な経験と知識を持った国家資格取得整備士がスピーディかつ丁寧にお客様のお車を整備致します。

コンピューター診断機による点検も随時行なっております。

不具合症状並びに修理作業の説明だけでなく、今後のお車のメンテナンスへのアドバイスも出来るだけ専門用語を用いず、解り易く説明をさせて頂きます。

ECO整備

経年・走行距離等により低下したお車の性能、特に燃費向上を目的とした整備メニューです。

日常の走行で一番エンジンに負荷のかかる=燃費が悪化するのが停車からの発進です。

これは、自転車で停車から発進する際のこぎ始めが一番足に力が入ることでお分かり頂けると思います。


TAC高槻オートではECO整備の施工により、カスタムカーのような極端なパワーアップではなく、エンジン性能の回復や燃焼効率の向上により、この停車時からの発進や低速&低回転時のパワーアップを行います。

京阪神で唯一当店だけが行うASNUインジェクタークリーニングを是非、お試しください。

ECO整備メニューの詳細はこちらをご覧下さい>>

各種オイル交換

エンジンオイルは一般的な性能のオイル、エコカー向けの低燃費性能オイル、そして、高性能オイルNUTECをご用意しております。

また、エンジン内オイル経路洗浄=フラッシングにはカーレースにも使用されている高性能フラッシングオイルを使用しています。

AT車やCVT車には最新のオートマチックオイル交換機により全量交換を実現しています。

カーナビ カーステレオ ETC

カーメーカー純正品だけではなく、各電気メーカーのカーナビやカーステレオ、ETCの取り付け並びに取外しも行なっております。

その他、レーダー探知機・LED・後付けHIDランプ・コーナーセンサー・アクセル&ブレーキ誤操作防止装置など各種カーエレクトロニクス部品の取付作業、持込商品の取付や車からの取外し作業もお気軽にご依頼下さいませ。

ドライブレコーダー

万が一の事故の際に、事故に至る経緯や事故の瞬間の映像を記録する機器がドライブレコーダーです。

当社では、市場に溢れる数十種類の製品の中から、高性能はもちろんのこと優れたコストパフォーマンスと信頼性を持った国産メーカー品をお勧めしています。

安価な商品との映像比較をご覧頂ければ、その性能差がハッキリとお分かり頂けるかと思います。

 

まずは安価な商品の映像から。

再生の際にはYouTubeの右下の画質設定にて480p画質をご選択下さい

 

次にHD画質のドライブレコーダーの映像です。

再生の際にはYouTubeの右下の画質設定にて1080pHD画質をご選択下さい

 

ご覧のように違いは一目瞭然です。

安価な商品は、映像が不鮮明で低画質な上に記録できる範囲が狭い=視野画角が小さいのがお分かり頂けるかと思います。

また、晴天にもかかわらず映像自体が暗い為に雨天や夜間では相手車両のナンバーの確認等には全く役に立たないことが考えられます。

万が一の事故の際に役立つ製品を是非、お選び下さい。

 

「クルマが古いから買い替えてから取り付けるつもり。」という方もご安心下さい。

当社では、ドライブレコーダーの取り外しが簡易に出来る施工方法を取っています。

標準的な取付方法であるシガーライタープラグソケットに電源プラグを直接挿す電源供給方法では、事故の際の衝撃でドライバーや同乗者の身体に電源コードが引っかかり抜け落ちる=ドラレコ電源がOFF状態となり、大切な記録映像が録画されない事態が考えられます。

あるいは、一時的にドライブレコーダーの電源ソケットをシガーライタープラグソケットから取外し、スマートフォン等の携帯機器の充電に使用している最中に事故に遭遇したケースが実際に当社のお客さまでございました。


当社ではこのような事態を防止する為に、ドライブレコーダー取り付けの際には車輌アクセサリー電源から直に電源供給する方法にて施工しています。

また、施工の際には将来の新規購入車輌への移設が簡単に行えるよう付属電源コード類の切断は一切行いません。


事故や嫌がらせ運転の被害者になる可能性はクルマの「新しいや古い」に関係はありません。

平日はご家族の方、特に奥さまやお子さんが主にクルマを運転されているようなご家庭には、ドライブレコーダーの装着を特に強くお勧めします。 

万が一の事故や危険運転の被害時に奥さまやお子さんが冷静に対処できるかを想像してみて下さい。 

一般男性は勿論、自動車関係者や保険関係者であろうとパニックに陥る状況です。

女性の方や免許を取って間もないお子さんが冷静に対処出来る可能性は、ほぼ100%無いことは用意に想像出来ます。 

ドライブレコーダーは事故や被害に至る状況を確実に映像記録として残し、後の対応に絶大な効果を発揮します。 


ご購入の際には以下の項目を満たした製品をお勧めします。

  • フルHD高画質
  • GPS搭載
  • 暗所に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)やHDR(ハイダイナミックレンジ)搭載
  •  西日本60HzLED信号に対応したフレームレート
  • レンズ品質が安心な国産メーカー製品
  • 専用パソコンソフト付き

 

ドライブレコーダーのご相談・取り付けは、是非、TAC高槻オートへ。

日産アラウンドビューモニターを純正スタンダードナビ&市販品(社外品)ナビで表示可能に

嵐のCMでおなじみの日産アラウンドビューモニターですが、既にご利用の方は御存知の通り、アラウンドビューモニターはディスプレイ付きルームミラーにてモニター表示されます。

このルームミラーに映る表示が非常に小さいので、視力の弱い方やお年を召した方にはどうしても見づらいものとなっています。

そこで、ナビの大画面に表示させれば非常に使い勝手が良くなるのですが、アラウンドビューモニターに対応するのは日産純正ナビの上級グレードのみとなり、残念ながら以前の純正スタンダードナビや市販の社外品ナビでは画面にアラウンドビューモニターの画像を表示させる事は出来ません。

 

「純正ベーシックナビでも画面にアラウンドビューモニター画像を表示させたい!」

「市販の社外品ナビの画面にアラウンドビュー画像を表示させたい!」


とお嘆きの日産車オーナーさま、TAC高槻オートにお任せ下さい。

当社では『アラウンドビューモニターを高額な純正ナビ以外でも表示出来る作業を行っております。


費用は税別で部品代が8,500円〜、工賃16,000円〜です。

アラウンドビューモニターでお悩みの日産車オーナーさま、是非、お気軽にTAC高槻オートへご相談下さい。

廃車・名義変更等

TAC高槻オートでは以下の様なお車に関する手続きを行っております。

費用は以下の通り(税別)です。

その他のお車に関する手続きもお気軽にご相談下さい。

 

  • 抹消解体処理・・・不要になったお車の廃車手続き 15,000円
  • 車輌名義変更・・・車輌所有者の名義変更手続き 15,000円
  • 車輌名義変更+車庫証明取付・・・車庫証明の取付を必要とする車輌名義変更 25,000円
  • 車輌名義変更+車庫証明取付+ナンバー変更・・・車庫証明の取付・ナンバーの変更を必要とする車輌名義変更 30,000円
  • 登録番号変更手続き・・・移転によるナンバー変更手続き(車庫証明取付込み) 20,000円
  • 車検証再発行・・・車検証紛失などによる再発行手続き 10,000円
  • 車検入庫と同時の車検証再発行・・・車検と同時に再発行手続きを行う場合 5,000円
  • クレジット会社や自動車会社の所有権解除が伴う場合の加算金額・・・10,000円
  • 不動車引取加算金額・・・8,000円〜
  • 車両の相続に関する手続き

保険取り扱い

TACでは、東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパンの3社の保険代理店となっております。

自動車保険をはじめとした以下の様な各種保険のご加入・ご相談やお問い合わせがありましたら、お気軽にお申し付け下さい。

  • 火災保険
  • 傷害保険
  • 各種積立保険
  • 生命保険
  • 旅行保険
  • 賠償保険

▲このページのトップに戻る