4輪&2輪 インジェクター洗浄 AZNUインジェクタークリーニング

好調なエンジンに必要不可欠な3要素である「良い混合気、良い圧縮、良い火花」

このうち「良い混合気」に関わる主装置がインジェクターです。
燃料を微細な霧状に噴射するインジェクターは長期間の使用により、燃料や燃焼ガスによるカーボンやゴミなどの堆積物が先端に付着します。 

先端のスプレーチップの穴に堆積した不純物はやがて強固に固着し、燃料を霧状に噴霧することを妨げ、理想的な「良い混合気」を作り出せなくなり、以下の症状を誘発しエンジン性能を確実に低下させます。

  • アクセルレスポンスの低下
  • パワーダウン
  • 燃費の悪化
  • アイドリング不調
  • ミスファイア=失火

経年使用で劣化したインジェクターは新品部品への交換が理想的です。

しかしながら、1本あたり1~2万円(一般的な普通車の場合)を4本以上交換する場合、かなりの高額費用が発生します。 

また、メーカーに発注しても欠品、或いは生産終了となっている部品もあります。
そこで、当社で行っているインジェクター洗浄=ASNUインジェクタークリーニングをご提案させて頂きます。
特に発売から15年以上が経過した非直噴エンジン型国産スポーツタイプのおクルマや旧車にお乗りのオーナーさま方にお勧めさせて頂きます。

日産スカイラインGT-R系 日産シルビア系 ホンダタイプR系 スバルレガシィ&インプレッサのSti系

施工手順は以下の通りとなります。


cleaning_04.jpgスラッジや油脂等々の汚れが固着したインジェクターです。
経年使用・走行距離に応じて蓄積されたこれら不純物の汚れは強固に固着している為、クリーナー等で簡単に除去する事は不可能です。

 

 

 

cleaning_08.jpg汚れているインジェクターをASNUのテストベンチにセットします。エンジンに取り付けた場合と同様の高圧でインジェクターから噴霧される燃料状態=スプレーパターンを確認。性能劣化による不規則な噴霧状態が確認出来ます。

 

 

 

cleaning_10.jpg各気筒毎に燃料の噴射量の差を確認することが出来ます。

 

 

 

 

cleaning_12.jpg超音波を発生するクリーン溶剤槽にインジェクターを浸し洗浄を行います。僅かな時間で汚れが除去されるのが確認出来ます。

 

 

cleaning_11.jpg洗浄後、フィルターやスピンドルキャップ等のパーツ交換後に再び噴射テストを行い燃料噴射量の均一化を確認します。

 

 

 

 

cleaning_09.jpg再度、燃料の噴霧状態=スプレーパターンが全て均一化され、液だれ等の不具合が無いかを確認します。

 

 

 

 

cleaning_05.jpg洗浄後のインジェクター先端です。
固着していた不純物が綺麗に除去されているのが確認出来ます。

適正な燃料噴射が可能になったインジェクターにより、バラツキのあった噴霧量は均一化され、コンピューターからの指令通りの正確な燃料噴射が可能となり、エンジン本来の能力を100%引き出すことが可能となります。


インジェクター洗浄 2,500円(税別)@1本 ※令和元年12月25日までの期間限定価格

  • 車両からの取り外し及び取付工賃は別途。
  • フィルタ・ノズルキャップ・Oリング等の交換が必要な場合は別途
  • インジェクターご持参の場合の施工時間 約60〜90分程度

インジェクターのご持参、宅配便などによるご送付、同業者さまからのご依頼なども受付しております。
なお、インジェクター洗浄が出来無い車種・インジェクター製造メーカーがございます。
ご来店前やご送付前にお問い合わせ頂けると当社にてお調べさせて頂きます。

▲このページのトップに戻る